賃貸住宅はヒトリ暮らしに対応した物件もある

賃貸を借りる

賃貸のアパートやマンションに入居する場合は、不動産オーナーが行う、審査に合格がすることが求められます。入居者の家賃の支払い能力や年収確認もあります。学生のような収入がない場合は、受け入れな場合もあります。

相場はどのくらいか

賃貸の物件相場は、各地域によって異なります。自分の入居を予定する相場はどのくらいなのか知っておく必要があります。これらは、インターネットで情報を得る事が可能です。

増える賃貸住宅

現在、賃貸での一人暮らしが増えてきている傾向にあります。それは、進学や就職のために、地元を離れ暮らしているからだと言えます。また、交通手段が多い場所では、家賃があがります。

独立に対応した住宅

新生活を始めたい。八王子で賃貸を見つけるならここ!快適な生活を送れるので充実した時間が欲しいあなたにピッタリです。

吉祥寺で賃貸物件をお探しなら、こちらから。ゴージャスな部屋からモダンな部屋まで、あなたのお気に入りを提供します。

現在、賃貸物件は供給過多である。 戦後、団塊世代の核家族化が進み、大家族から小家族へ、子どもは就職と共に独立して生活するようになった。特にバブル期には、不動産が投資対象となり賃貸物件も数多く作られた。当時は、とにかく需要があったので、コンパクトにたくさん作る流れとなり、風呂とトイレ一体型のユニットバスの物件が誕生した。現在、不人気のユニットバス物件の多くはこの時代の名残りである。 そこで賃貸する場合、ユニットバスと狭ささえ我慢すれば、意外としっかりとした作りのマンションを手頃な値段で借りる事ができる。バブル期の建物はとにかく立派で、頑丈な物が多い。壁は厚く、デザインも凝っていたりする。デザインが凝っているからといって、使いやすいかどうかは別だが。供給過多な上、築30年以上はざらなので借り手市場は間違いない、家賃交渉すればまれに数千円お安くなる場合もある。 平日は仕事が遅く、帰ってもシャワーだけで済ませる。ゆっくり湯船につかるのは週末だけで大抵スパやスーパー銭湯だという人には、案外オススメの物件だ。

バブル期以降の賃貸は二極化する。 建材費を抑えた従来の賃貸物件とレイアウト等があまり変わらない物件と、建材費は抑えつつも水回りの使いやすさなど借り手の使い勝手を考慮した物件だ。もちろん賃料は前者は手頃に、後者はそれなりに設定される。とにかく安く借りたい人が多いので、賃貸する側が前者を作りたくなるのはわかる。初期投資のコストも抑えられるし。しかし、大抵の賃貸物件は新築時の賃料が最大で、それ以降はいつか必ず下げざるを得なくなる(ちなみに日本の集合住宅の寿命は約50年と言われているそうだが、実際は70〜80年はもつそうだ)。そうして賃料を下げても入居者がいなくなる場合もある。そうなった場合に大掛かりなリフォームをかけて再度入居者を募るのも手だろうが、建設当初から人気の物件というのは、自分が住んでもいいと思うレイアウトや水回りであるかどうかではなかろうか。湯船に浸かった目線の先にトイレがあるのはやはり嫌だし、日当りが極端に悪ければカビが生える、防犯上の不安があれば結局借り手はいなくなるのだ。作った物を取り壊すことほどお金のかかることはない。メンテナンスしながら長く住んでもらえる賃貸を作るには、自分が住んでもいいかなと思えるか思えないかではないだろうか。